ユニークフェイス講演企画

Loading...

2010年9月29日水曜日

公私ともども

めまぐるしく忙しいですねえ。

仕事は仕事で、淡々と進みながらも、すぐに対応しなければならない事項などがちょこちょこと起こっていて、まあ充実しているといって良いのかな?

お仕事があるというのはありがたい事です。たとえトラブル含みでもね。



リビング・ライブラリー関係も、僕の頭の中ではだいぶまとまってきました。

話の「幹」にあたる部分は大体固まったかな。
あとはどういうアプローチでそれを語るかですね。これはちょっと悩みどころ。
もうちょっと考えを深めてみるつもり。

駒沢大学と、獨協大学で、全く違ったスタンスで話すという事をやってみたいと思っているのですが、上手くできるかどうか…?まあ、出来たか出来なかったかは僕にしか分からないという、とても個人的な取り組みですが(笑)



それはさておき

最近、ユニークフェイス関係でいろいろと考える事が多くなって、様々な情報を整理していく中で、自分の立ち位置というものに考えが及ぶようになってきました。

本来「当事者」である訳ですが、リビング・ライブラリーのように「公」の場で発言するにあたって、ある程度の「責任」が生じると考えたのです。
なので、ある程度の「客観性」を視点として持つ必要が生じました。

仕事などでもそうですが、一社会人として「話す」からにはそれなりのルールというものがあります。

当然、リビング・ライブラリーのような場で話す際にもそのルールは適用されるというのが僕の基本的な考え方です。

ですから、話そうと思っている事は、打ち合わせでなるべく隠さず話しましたし、重要であると思うものについては文章にして渡してチェックしてもらうという事までしています。
実際やるのは結構苦労だろうな、と考えて取りかかりました。

ところが、思いのほか何の苦もなく出来たのです。
いえ、それは僕が素晴らしく優れた「客観性」を獲得したという話ではないのです。
自分が求めるレベルにおいては達成されたという話です。

さて、どうして自然に出来たのかなあ?

「客観性」を求めてみたところ、ところがそれはすでに僕の中にあった、というのがこの話のオチなのですが、それが僕のこの10年間の間に起こった変化であったというのが発見です。



その発見というのが、自分が「当事者」から「支援者」へとスタンスを移しつつあるという事だったのです。
こういうブログを作るくらいですから、当たり前だろうと思われる方もいるかも知れませんが、事はそんなに単純ではありません。

このブログを作った動機は、ユニークフェイス(主に血管腫の方)の相談を受けてみたい。それをサービス化する事は出来ないだろうか?という現実的な選択肢の一つであったからです。下心と取られても仕方ないかな?
そこには好奇心、向上心のようなものはありましたが、自分を「支援者」にするという考えは持っていませんでした。ええ、驚かれるかも知れませんが、考えていませんでした。

「支援者」になりたいとは思いましたが、自分の考え方がすでに「支援者」化しているというのは想定外です。

どうしてそうなった?か。

まず第一に考えられるのは僕が仕事上は既に10年以上「支援者」であったからだというのがあります。
障害者福祉の現場で「支援者」を続けてきているという事です。

そして第二に考えられるのが、僕が大学で「臨床心理学」を学んだという事です。
大学を卒業した時点ではそれは全く知識だけで役に立たない程度の物でしたが、社会人として何とか12年?やってきた事によって、多少の役には立つレベルになってきたという事でしょうか。
知識の大部分はどこかに行ってしまいましたが(=_=;;)

そして最後に考えられるのが、この数ヶ月間で実際に当事者同士でやり取りをする中で、自分は既に「当事者」性を失いつつあり、相対的に「支援者」的思考が優位になっているという事でした。



そうです。僕は、自分が子どもの頃にどんなつらい思いをしたか、どんな気持ちで毎日を送っていたのかを、心から感情を伴って話す事が出来なくなっていたのです。

つらかった、きつかった、悔しかった、それは覚えている。

でも、もはやそれは過去であって、今の僕の中には基本的に無い。
人の話を聞けば、「ああ、そうだった、そうだった。僕もそうだったよ!」と共感できるのですが、今の僕には現実としてその手の葛藤はもはや薄い。

そして、その代わりに「今苦しんでいる人に何か言ってあげられる事はないだろうか?」「今まさにいじめられている子のために何かできる事はないだろうか?」
そういう考えが、頭の中に浮かびます。

なるほど、「支援者」化している。
そして今のところ、その変化は僕にとって好ましい事です。
僕としてはこの発見を、うまく自身のある種の資質の向上につなげたいと考えています。

頭の中で、形にならないものが形を持とうとしているような、そんなわくわくした気分を抱きながら。