ユニークフェイス講演企画

Loading...

2010年11月29日月曜日

明治大学ヒューマン・ライブラリー

行ってきました。

当日は天気も良く、人がたくさん来てくれそうな予感を持ちつつ現地へ。

10:30からセッションが開始されました。
僕は一コマ目に予約が入らず(後で手違いだと分かったのですが・・・)二コマ目からセッション開始。

6名の方と一対一でお話ししてきました。

僕のところは、何らかの当事者である方が多く来てくださり、一対一という場面設定もあり、話はすごく深いところへ。

振り返ってみると、人生相談のような様相を呈しておりました。

みんな、それぞれに生きていく上で課題を抱えており、同じくマイノリティーとして生きている僕の生き方や考え方を知りたいという感じでした。

故に、内容は僕の個人的な考え方についてのやり取りが大半を占め、さらに僕が自分につけた「本」のタイトルが「僕にとってはこの顔が普通です(^-^)」という、かなり開き直りモードなものであったこともあり、「明るい当事者」「楽天的な当事者」みたいな印象を持っていらっしゃる方多数。

「どうしたら、そんなに前向きに生きられるのですか?」的な質問が多い傾向がありました。

前にも書きましたが、僕は確かに「幸せです」と言ってはばからない人間ですが、実際のところ、人と比べて取り立てて幸せな要素を多く持っている訳ではなく、単に自分の暮らしの中に、「小さな幸せ」を見つける、または作る事によって、「幸せ」を感じられるように工夫をしている人間です。

僕の暮らしの中にだって、ネガティブな要素はたくあんあります。
離婚をした事は、精神的にも金銭的にもダメージがありました。
家を持っていますが、一人で暮らすのにこんなに大きい家は必要ありませんし、はっきり言ってローンだって楽じゃありません。
お給料だって、年々緩やかに減ってきています。

だけどですね、それでも「幸せ」と言える要因を作る事は可能なんです。

独りモンになったけれども、それによってプライベートの時間を自由に使えるようになりました。

軽自動車だけど、念願のオープンカーを手に入れました。

本だって、好きな時に読む自由を得ました。

ガールフレンドとデートに出かける事だって出来ます。

リビング(ヒューマン)・ライブラリーみたいなところに出て行って、人とお話しする機会を得る事が出来ました。楽しいです。

小さな事でも良い。毎日働いて、身の丈に合った楽しみを自分で見つけ、あるいは作り、それを大切に日々を暮らす。

大切なのは、「立ち止まらない事」。
ネガティブな思考にとらわれたり、失敗体験をすると、どうしても立ち直るのに時間がかかってしまいます。
でも、その時間は立ち止まってしまっている時間。

ゆっくりで良いから、一歩一歩進む事が肝心。

「後ろ向きになってしまって・・・」

そんな事ありません。人間、見えている方が常に「前」です。
自分がどっちを向いているのか?にとらわれ過ぎず、とりあえず進む事が大切です。

そりゃあ、後になったらちょっと間違った方向に進んでたなあ、という事はあるでしょう。
でも、気づいた時に方向を修正してやればいい事。

もう一度言いますが、一番怖いのは、立ち止まってしまう事。
立ち止まっている間にも、時間は流れていき、他の人たちは進んでいきます。
つまり、相対的に「後退」してしまっている。

だから「後ろ向き」に感じられるのです。
ゆっくり、一歩でもいいから、進みましょう。
何も、全速力で走れ!と言っているのではありません。
つらい時でも小さな幸せのために、一歩一歩進みましょう。
小さな幸せを集めましょう。

それだけで、自分の人生がより「生きやすい」ものになると僕は考えています。
今日、明日、の幸せが見えているだけでもいい。
いつか、もっと先の幸せに向けた目標に出会えるかも知れない。
そうしたら、そこに向かって進めばいい。

でも、失敗したからって落ち込みすぎる必要は無い。
小さな幸せがあなたを救ってくれる。

そんな話を一日中していました。

あれ?ヒューマン・ライブラリーって、そういうイベントだったっけ?
まあいいや、僕のところに来てくれた人はみんな、「良かったです」って言ってくれたから。

僕もある意味励まされました。
僕が考えている事を伝え、それに同意してくれる人がいたんだし。中には「激しく同意」してくれる人だっていたから。

それだけでも意味があったというもの。

そういう事で、明治大学ヒューマン・ライブラリーは幕を閉じました。
今年はこれでイベントは終わりです。

疲れたけど、達成感もあり、悪い気分じゃありません。
これをきっかけに、また違うアクションを僕も起こしていかなくてはいけないな。
まあ、ゆっくり考える事にします。

以上、明治大学ヒューマン・ライブラリーの報告でした。