ユニークフェイス講演企画

Loading...

2010年8月24日火曜日

で、何でそんな僕が相談を受けるのか?

ここまでを読むと、「なんだ、介護職じゃん。相談なんか受けられるの?」と疑問に思った方もいるかも知れませんね。

そうです。僕の仕事は基本的に介護職です。
でも、それだけではありません。

これは、機会がある度に僕が話す事ですが、障害を持つ子を持った親御さんの苦悩というのは、これはもう想像を絶するものがあります。ユニークフェイスな方を子に持つ親御さんもこれは同じだと思います。

僕が働いている施設は、基本的に大人の方が通われる施設で(15歳以上の方を対象)、現在利用者さん全員が成人しています。

つまり、親御さんは最低でも20年間障害を持つ子と付き合ってきたのです。
その中で、親御さんが考えられてきた事、繰り返し繰り返し考えてきた事。そして、それでも答えは出ない事。
そういう思いを抱えた親御さんとの付き合いも、この仕事の一部です。

たとえば、僕のグループの利用者さんは全員車椅子に乗っている身体障害者です。知的障害も併せ持っています。

でも、みなさん普通におしゃれな格好をしてきています。可能な限り、おしゃれをします。
決して安易にジャージを着せられて登所してきたりなんかしません。
今の季節(夏)なら、ポロシャツにデニムの短パンなんかを着てきます。

親御さんだって、ジャージにした方が、脱ぎ着も楽だし、洗濯も楽。障害を持っているためか、体が発達不全を起こしている方も多いので、成人しても身長は150cm未満の方が多く、また体の変形があるため、サイズの合うおしゃれな服を見つけ出すのだって一苦労なのです。

ある利用者さんは、一年を通して、ラルフローレンのKIDSサイズの150とかを着ていらっしゃいます。
そこまでしてでも、息子、娘に普通の人と同じようにおしゃれな服装をさせてやりたい。

その、親御さんたちの気持を、受け止めるのも無視してしまうのも、職員の考え方次第です。

そんなおしゃれな利用者さんを受け入れる職員が、みんなジャージだったらどうなるでしょう?
ぶち壊しです。

せっかくおしゃれをして買い物に出かけるつもりだったのに、引率する職員がジャージだったら…、これは全くナンセンスな話です。

だから、うちの施設では職員は基本的にジャージ禁止です。

そういう形式的な事でも、こちらが理解して対応しているのとそうでないのとでは、ご家族との関係も全く違ってきます。

ある利用者さんは、呼吸状態が悪化し、栄養状態にも問題を抱えて、大手術を立て続けに受けられました。
でも、おかげで体調がずいぶん良くなりました。
その利用者さんのお母様とはよく話をしていました。それなりに関係が出来ていたのですね。

で、ある日、そのお母様が僕に言いました。「この子と行ってみたいところがあるんだけれど、それで体調が悪くなったらって考えたら怖くって、なかなか踏み切れない」

僕は答えました。「お母さん。今の彼の体調は、僕が彼を見るようになったこの4年間の中で、最高に安定しています。お母さんが彼とやりたい事があるなら、やらなきゃ損です。だって、いつまでこの調子が続くかだって分からないじゃないですか」

お母様は言いました。「そうよねえ。もしかしたら、今が一番良くて、これから徐々に体力も状態も落ちていくのかも知れないわよね…」

僕はさらに言いました。「お母さんは、今まで彼と一緒に考えて、一緒に何が楽しいか、何が幸せかって生きてきたんですから、これからだってそうやっていけば良いんですよ。彼だって、お母さんが一緒に行きたいところがあるんだったら、絶対行きたいと思ってますよ。それで彼が多少体調が悪くなっても、僕たちは体調が悪いなりに活動の内容を抑えて、負荷がかからないように日中活動を調整します。それが僕たちの仕事ですから」

するとお母様は「うん。分かった。やっぱりあとで後悔はしたくないもんね。今体調がいいのは明らかなんだから。精一杯楽しませてあげないと」
と言って帰って行きました。

そのあとしばらくして、そのお母様は、息子と一緒に、考えていた通りのプランでちょっとしたお出かけをして、晴れやかな顔をして報告に来てくれました。
「やっぱり行って良かったー。本人もすごく喜んでたみたい。もっと早くいけば良かったかなー?」

僕は言いました。「いや、お母さん。今がちょうど良かったんですよ。御家族が調子が良いって思ってて、施設の職員も調子が良いって思っていて、お医者様にも止められないっていうタイミングが今だったでしょう?だから、ちょうど良かったんですよ!」

「そうねえ。この先どれくらい調子がいい状態で行ってくれるか分からないけど、とりあえず今は幸せだわあ」

この話の中の僕は、施設職員としては言ってはいけないような事までべらべらしゃべってしまっています。たとえば、彼と、お母様が、いかに深く結びついた人生を送ってきたか、という事を勝手に指摘して、お母様を後押ししています。
これで何かあったら、大問題です。

でも、僕はそのお母様とは信頼関係が「できている」と判断したので、あえて背中を押す役割をしました。きっとこの人は、背中をそっと押してくれる人を探している。

介護職でも、そういう場面には出会うのです。だからこそ、僕は今の仕事を続けていられるとも言えると思います。

本当に介護しかしない仕事だったら(そんな仕事は実際にはないと思うけれど)続いていません。

僕は正直、自分が「カウンセラー」になる事は難しいと思っています。
でも、誰かの相談に乗って、もしかしたら誰かの助けになる事は出来るかも知れない、と考えています。だから僕はここで、血管腫の方の相談を受けてみよう、と思い立ったのです。

まあでも、そうそう簡単には相談できないよねって事も分かっているのですが。

僕のお仕事2

えっと、前回は利用者さんとのコミュニケーションについて書きましたね…。

今回は、僕のお仕事がどう忙しいかについて書いてみます。

僕の仕事というのは「生活支援員」といって、利用者さんの生活にまつわる様々な事を、一人ひとりの方にあわせて行うものです。

飲んだり、食べたり、排泄したり、入浴したり。

これらすべてについて支援を行います。

まず、朝利用者さんが到着(ちなみに送迎車の添乗も仕事の一つ)。連絡ノートの内容を確認し、その日の利用者さんの体調などを、ご家庭からの情報で把握します。

そこからは大まかに言うと、二つの仕事の流れを、並行して行っていきます。

一つは、「活動」と呼ばれる支援プログラムです。自主生産品製作(販売して利用者さんのお給料になる)、運動、散歩、買い物、入浴、などです。

もう一つは、先にあげたような、水分補給、食事、トイレ、などです。

たとえば、自主生産品製作「染め物」を行いながら、同時に各利用者さんの排泄のタイミングでトイレ介助を行う。水分補給が足りていない方にはお茶を飲んでもらう。

通常、2~3名の職員が「活動」を先導して行い、さらに2~3名がトイレなど身の回りのお世話を行う、といった動きになります。

僕の立場は「グループリーダー」というもので、と言ってもちっとも偉くはないのですが、現場全体を把握して、人が足りないところへ職員を誘導したり、自分がフォローに入ったり、というのが基本的な動きです。

僕が所属するグループには9名の利用者さんがいて、6名の職員が基本的には配置されています。
簡単に言うと、職員一人で1,5人の利用者さんを見れば良い事になります。

しかし、二つの仕事の流れを同時に行っている為、「活動」を回している職員は直接の支援にははいりづらく、実際には職員一人当たり2名程度の利用者さんの日常生活動作を把握する事になります。

さらに、僕のようにリーダーであるために、基本的に動きがフリーな職員がいたり、看護師のように職域が限られる職員がいたりで、実質的にはもう少し、職員一人当たりの負担は大きいです。

そのような中で、僕の仕事は、まずはフォロー。手が足りないところへのフォロー。
そして、予期しなかった出来事に対する状況判断。
活動を先導する職員に対するポイント的な指示。

要するに、9名の利用者さん全員と、僕以外の職員全員の「今の状況」の把握が求められます。
そして、「次にどうするか」をいつでも答えられるようにしなくてはなりません。
自分自身がフォローに入ってしまっている時には、全体を把握するのはとても困難です。

トイレに利用者対応で入ってしまっている時に、活動室で何が起こっているのかを知る事は出来ませんよね?
また、入浴の介助で浴室にこもりっきりになっている時も、外で何が起こっているのか分かりません。

リーダーといっても、現場監督じゃないのですね。現場の一職員です。
難しいところを率先して行なったり、他の職員に指導したりという事も仕事内容に入ってきます。
職員の質の向上という事も、もちろん含まれる訳です。自分自身を磨く事も含めて。

これは結構大変です。うちのグループの職員さんは、頑張ってくれる方が多く、そういった点では僕は恵まれていますが、その頑張ってくれている職員を、上手く活かすも、無駄にしてしまうも僕の判断次第なのです。責任重大です…。

なので、大半の利用者さんを送り出す15時30分を過ぎると、正直「ほっ」とします。

でも、仕事はまだ終わりではありません。
いわゆる「事務仕事」が待っています。事務分掌上担当している業務。

毎月の送迎添乗表の作成、毎月の利用者の予定表のチェック、医療的ケアの集計・報告、医療的ケアの作業部会への参加、毎日の活動を事前にある程度シュミレーション、他のグループとの協議事項、利用者家族への連絡・調整の一部、周知すべき情報の取りまとめ、担当年間行事の計画、会計業務の一部、などなど。

他にも16時に出発する送迎車の運転・添乗も週に2回は入ってきますし…。

施設福祉の仕事というのは、何事も利用者さんのペースが基本で動いていきますので、自分でペース配分して仕事をするという事が許されません。

体調が悪いから、今日はセーブ、という事が出来ないのですね。
だから、体調管理にも気を遣います。

もし、風邪をひいても、無理して出勤する訳にはいきません。微熱程度であればマスクをして出勤しますが、38℃を超えるような熱が出た場合は、利用者への感染の恐れがあるため、熱が出てから3日程度は働けない、という事情もあります。
休めて楽じゃん、と思った方、それは間違いです!

だから、熱など出す訳にはいかないのです!そのプレッシャーが結構なストレスでしてね…。
実際僕は、過去に結構簡単に風邪をひいてしまった経験が何度もあって、その度に現場の同僚に迷惑をかけてしまって、いまだに頭が上がらないくらいなのです…。

さて、次は何について書こうかな…。

2010年8月18日水曜日

僕のお仕事

自分で作ったブログですが、読み返してみると、僕がどんな人間なのか、微妙に分からない。

やっぱり、もうちょっと自分らしさを出してもいいんじゃないか?と思った次第。

第一、僕がどんな人間なのか、分からないでここのページを見に来る人だって多いはず。
ならば、自分の身近な事を書いてみよう、と思ったのでした。

えー。とりあえずですね…。僕のお仕事について書いてみましょう。

障害者福祉施設の職員ってだけじゃあ、良く分かりませんよね。実際、障害者福祉施設といってもかなりの種類がありますから。

僕が今働いているのは、「知的障害」の方と、「知的・肢体不自由重複障害」の方が通っている施設です。

いわゆる「入所」施設ではなく、毎日日中だけ通う「通所」型施設になります。
僕が担当しているのは、「知的・肢体不自由重複障害」の方たちのグループです。

「知的・肢体不自由重複障害」って、聞いた事がある人の方が少ないですよね。
どのような方々かと言いますと、通常の知的障害に加えて、身体障害も併せ持っている方たちです。

普通の知的障害の人とは違って、手足はうまく動かないか、ほとんど動かせない。
言葉を話さない人がほとんどです(うちの施設では、です)。車椅子に乗っています。

病名(診断名)で言うと、脳性麻痺の人たちが多いです。

彼ら(彼女ら)は、知的障害があると言われていますが、実際に毎日顔を合わせて生活していると、そんな方々にもいろいろな感情や意志がある事が分かってきます。

つまり、言葉は話せないけれども、程度の差こそあれ、ある程度の物事は分かっているし、自分の意見もある、って事です。

たとえば、「おーう」としか言わない方がいたとします。

彼は、「おーう」を幾通りにも使います。声の大きさ、トーン、リズム、タイミング、微妙な語尾変化。
初めのうちは、何を言いたいのか、分かりません。
でも、何ヶ月か一緒にいると、だんだん分かってきます。何を言いたいのか分かってきます。
話しかけ方も工夫します。上手く「おーう」で答えられるように質問をする。

たとえば、お茶を飲みたいかを聞く事にします。

「お茶を飲みたい?」これでは上手くいかない事があります。飲みたい時も、飲みたくない時も「おーう」と言ってしまう可能性があるからです。上手く、「おーう」のニュアンスをつかめればいいのですが、なかなか難しい事です。ですから、

「お茶を飲む人!」
「お茶を飲まない人!」

と聞きます。どちらに「おーう」と言うかで返事をしてもらう訳です。
紛らわしくないように、一つ目の質問と、二つ目の質問の間には、十分な間を取ります。

一人ひとりの施設利用者さんに合わせて、その人が分かり易い方法でコミュニケーションを取る。それが僕の仕事です。

ずいぶんのんびりした仕事のように思えますね…。

実は、そんなにのんびりはしていません。
次回はそのへんについて書いてみます。

2010年8月15日日曜日

人生、壁、壁、壁

学校を出て、仕事に就く。

大きな壁だと思います。

家を出て人と交わる。

それも大きな壁かも知れません。

分かります。僕だって、大なり小なりそうでした。
でも、何が何だか分からないうちにそこをくぐりぬけて、働いている自分がいます。

今思うのは、社会に出て働いてみたら、ユニークフェイス(血管腫)である事を気にしている暇などなくなったなあ、という事です。

今でも、ユニークフェイスである事は、時々障害になります。でも、それと仕事をして自分が生きていくためのお金を稼ぐ事は別問題。

何が障害になっても、それは誰でも生きていくためには乗り越えなければならない壁。

何かのせいにする事は簡単。

「この顔のせい」

「社会が悪い」

でも、そればかりにこだわっていたら、前には進めないのです。
厳しい事を言うようですが、それもまた現実です。
現に、僕だってそういう現実に直面しています。今だって、そうです。
決して楽になった訳ではありません。

一人で問題に立ち向かっていくのは苦しいですよね。
誰かに話を聞いてもらいたい、自分の身になって欲しい。

そう思うのは当然だと思います。
でも、人前に出て、自分の気持ちをぶちまけるのは勇気がいる。

僕はそのすべてを受け止める事は出来ません。
それでも、少しでも助けになれる事は無いか?

そう思って、このブログを作りました。

残念ながら、ここで僕の人生すべてを語る事は出来ません。
プライベートの全てを書き込む訳にはいきません。

でも、一人ひとりの方に、僕がどのようにして今日まで生きてきたのか、お話しする事は可能です。

ブログという、公の場では限度があるのです。
ですから、ほんの少しの勇気を持って、僕のアドレスにメールをください。

僕が、素晴らしい経験を持っている訳ではありません。
絶対成功する、そんな方法を知っている訳でもありません。
しかし、「今どうしたらいいか?」迷っているのであれば、お話を聞く事は出来ると思います。

意外なところから、「答え」が出るかも?
そんなきっかけになれれば、と思います。

2010年8月13日金曜日

スモールステップでいきましょう

いきなり大きな目標を目指すのも一つの手ですが、それにしたって一足飛びには行けないもの。

まずは自分が出来る事から、小さな事から始めましょう。

先の事というのは、なかなか見通せないものです。ならばまず、今日できる事、今できる事。

僕も今それをやっています。このブログもそうですね。

このページを見てくれる人が増えると良いなあ。

相談を持ちかけてくれる人がいるともっと良いなあ。

そんな事を考えながら、「今できる事は何か?」と頭のすみっこで考えています。

とりあえず、twitterを上手く使えるようになりたいなあ。

というのが目下の課題です。

2010年8月12日木曜日

自分は劣っている?

ユニークフェイス(僕は血管腫などで主にそういう方)な人(僕を含めて)がおちいり易い、心の闇というものがあります。

「自分は人より劣っている。こんな自分が社会に出て生きていくなんて無理だ」

そう、ユニークフェイスな人なら、誰でも一度は考える事です。

友人作り、恋愛、就職、結婚etc...。数え上げればきりがありません。

ユニークフェイスな人が社会で普通に暮らそうと思ったら、それなりの苦労があるのは確かです。
僕も、今になって思えば、もがいて、這いずりまわる様な思いをした時期がありました。

子どもの頃は、みんなに好かれたくって、一生懸命イラストを描いたりしました。

一目おかれるために、スポーツに力を注いだ事もありました。

人との差別化を図るために、趣味を始めてみたりもしました。

今ではおしゃれな格好をいかにするかが楽しみの一つです。
「ユニークフェイスでおしゃれな格好?」と思われる方もいるかも知れませんね。

ユニークフェイスな上に、目立つ格好をしていたら、余計に目立ってしまうじゃないか。
そうです。目立つ事もあります。

でも、ちょっと考えてみてください。ユニークフェイスでダサい恰好をしている人と、ユニークフェイスでおしゃれな格好をしている人、どちらが魅力的に見えるかな?

ユニークフェイスでも、おしゃれな方が魅力的に決まってます。
最近の僕は、アメカジ系のファッションで赤いオープンカー(軽だけど)を乗り回しています。

今のところ、「恥ずかしいからやめてくれ」と人に言われた事はありませんよ。
離婚したけど、ガールフレンドはいます。ガールフレンドは僕のファッションセンスが気に入っているようです。

ね、ユニークフェイスでも目立つ事は悪い事じゃないんです。

どんどん外に出て、社会の空気を「読んで」みてください。そこにあなたの居場所は必ずある。
今はそれが見えていないだけ。

自分なりのやり方で、自分をアピールしていきましょう。自分はこういう人間だ。どうだ。分かったか?
社会の価値観をただ押し付けられるのは苦しいです。自分の価値観を社会に向かって発信しましょう。

やり方は人それぞれ。あなたには、他でもないあなたであるというその一点を主張する権利があります。

身近なところから始めてみませんか?続けていけば、きっと何かが変わってくるはずですよ。

どうやって相談を受けるのか?

まずは僕のメールアドレスstezuka1976@gmail.comに自己紹介を添えてメールをください。
どのような悩みなのかも書いて欲しいです。

それを読んで、僕が相談を受ける事が可能かどうかを判断します。受けるにしろ、受けないにしろ、返事は必ず書きます。僕は専門家ではないので、受けられる相談の内容もおのずと限られてきます。そこのところは理解していただきたいと思います。

次に、相談の方法を決めます。考えられる方法としては、

1、メール
2、Skypeによるチャット
3、Skypeによる電話
3、Skypeによるビデオ通話

が、あります。Skypeに関しては、ソフトのダウンロード(無料)が必要です。また、電話、ビデオ通話に関しては、イヤホンマイクやWebカメラの用意も必要です。時間は1時間までとします。
メールの場合、やり取りの回数は2往復とします(延々とやり取りは出来ない為)。

以上が基本的な相談システムであるとご理解ください。
僕は血管腫の当事者なので、主に血管腫の方に関しては、より「ナマ」の声を伝える事が出来るかな?

このブログの役割

このブログを作った動機について書いてみます。

ユニークフェイスは、mixiでも活発に活動しています。そのコミュニティ参加人数は200人を超えています。しかし、トピックスを読んではいるけれども、自分からはコメントを書けない人が多い、という事を感じていました。

ですので、このブログで行いたい事は、「相談を受け付ける」これは第一ですが、同時に、「読んでいるだけの人たち(ROM)の声を吸い上げたい」という事も目的としています。

例えば、このブログを通して僕のところに相談をしたとします。当然その内容を直接このブログに書き込む事はありません。個人情報は守ります。

しかし、どのような事でユニークフェイスな人が困難を感じているのか?その事については、このブログを通して発信していきたいと考えています。

つまり、ユニークフェイス当事者(特に血管腫の方)の今まで掬い上げられる事がなかったニーズをここで集めたい。

mixiなどよりも、より匿名性が高い形で、あなたのニードを発信できる可能性がある、と考えてもらえると分かり易いと思います。


2010年8月11日水曜日

自己紹介2

僕の治療歴を書いておきます。僕は血管腫なので、おのずと治療経験は限られますが。

乳幼児期:ドライアイス療法
幼児期:レーザー治療(アルゴンレーザー)
少年期:なし(自分で治療を拒否)
青年期:レーザー治療(ルビレーザー・ダイレーザー)

です。
なので、最近のVbeam等は受けていません。

したがって、治療に関する質問にはお答えしかねます。
メンタルな部分に関しては、多少の意見を述べる事は出来ると思います。

僕の中で今一番関心があるトピックスは、若い当事者の方が将来に大きな不安を抱えているのではないか?という事です。

実際、僕もそれなりに悩みながら、今こうして普通の社会人として暮らしています。

ユニークフェイスでも、普通に暮らせる!結婚もできる!離婚も出来る!(=_=;)
そんな僕に聞きたい事があったら、メールをください。
可能な範囲で対応させて頂きます。
返答不能な場合は、そのようにお返事します。
今のところボランティアですので、どうぞお気軽に…。

自己紹介

単純性血管腫を左顔面に持つ男性です。

職業は、障害者福祉施設の生活支援員。

それなりに厄介な目に会いながらも、今は普通の社会人として生きています。
今、僕が思うのは、自分も嫌な思いはしてきたけれど、結果として、自分の幸、不幸と血管腫は直接関係なかったなー、という事です。

それを一番強く感じたのは、10年間の結婚生活と、離婚でした。

血管腫とは全く関係のない、この出来事を通して、僕は血管腫のあるないとは関係なく、自分が幸せになりたければ、幸せになるための工夫をしなければならないと感じました。

痣を理由にしたり、悪いのは社会だ、と思ったり、していませんか?
それが悪い考えだとは思いません。ある意味、それも正解です。

でも、自分が幸せになりたければ、そんな痣や、社会なんかと関係ない形で、自分に価値を見出さなければなりません。

自分には価値がある、という事。

人にはそれぞれ価値があります。人によっては「自己評価」とも言います。
これが高ければ、その人はより力を発揮するし、低ければ内向きになり、生き生きとは生活できません。

自分の「価値」見つけてみませんか?

2010年8月10日火曜日

とりあえずブログを作ってみました

夏休みという事もあり、時間に余裕があります。
なので、以前から懸案事項であったブログ作成を行う事にしました。

動機は、自分のやりたい事を実行するツールとして、有用であると考えたため。
これは自分の将来に対する投資です。

やりたい事とは、一つはユニークフェイスな人のお悩み相談を受ける事
もう一つはそれをサービスとして提供できないか、という試行です。

とりあえず、当面は自分がやりたい事をポツポツと書きこんでいきたいと思います。

最終目標は、総合的な相談サービス!
あ、言いすぎたかな…?

ここを窓口に色々広げていけたらいいなあ…。
と、夢はふくらむのであった。

ただし、僕がここを窓口に何某かの相談を受けるとしたら、どこの誰かが分からない方からは相談を受け付けません。

僕のメールアドレス宛に、きちんとした自己紹介ができる方のみを対象とさせていただきます。

また、際限なく相談を受ける事も出来ません。僕も仕事を持っておりますし、対応には限度があります。その事を理解された方は、メッセージをください。