ユニークフェイス講演企画

Loading...

2011年1月17日月曜日

人の期待、自分の希望

人間、生きているといろいろな人と関わりができます。

家族、友人、同僚、恋人etc...

人間関係の中では、人は誰かに何かを期待し、また期待され、時にそれに応え、あるいははぐらかす。

そんな風に生きています。
考え方は人それぞれで、これまた「正解」はありません。
人によって、全く考え方は違ってきます。

本来、人は自分一人で完結して存在できる生き物です。
あらゆる事を(制限はあるながらも)自分で決定し、生きていく事ができる。

一方で、人と関わらなければ生きていけないという事も事実です。

これ、矛盾しているように見えますね。

でも、人間関係の中にあっても、ぶれない「軸」を持って生きる事は可能ですし、それで多少の摩擦があったとしても、自分の中で決めた事なら「納得ずく」であるはずです。

でも、それを時には愚痴りたくなるのもまた、人間です。
そういうのを「弱さ」だと捉える人もいますね。

でも、自分自身で決めた事であれば、結果はどうあれ、その責任は自分が取るべきであるし、文句を言えた筋合いではありません。

さんざん愚痴っても、結局は自分の中で解決するしかない。

大切なのは、その「次」のアクションにあります。
苦い経験を生かすにはどうしたら良いのか?
次に同じような事があったら、どのように自分は対処するのか?
これを考えなければなりません。
いや、考えない人だっています。何度も何度も同じ間違いを繰り返す、なんて事はざらです。

でも、なんとかしなければ、という問題意識があれば、人はそこに向かって進む事ができます。そのためのチャンスだって、たいてい用意されています。

そこで問題になって来るのが、「人の期待」と「自分の希望」です。

これを両立する事は難しい...。

人に主ねて従う方法もあります。
自分の意見を通して人と袂を分かつ事もあります。

その中間、というのは、なかなか無い。
適当にお茶を濁す事はできますが、そういうのはその場しのぎになりがちです。

さて、そうなってくると、自分が本当はどうしたいのかが重要になってきます。
先々の事を考えて決めなければなりません。
事によっては、人生を左右する事だってあるかも知れないのです。
これは悩みますねえ...。

僕の場合、人に主ねる形をとりあえずとってみる、という方法をとる事が多いです。
それで得られるものは確かにある。いわば、社会から要請される「義務」です。
ただ、いつまでもそのままでいくつもりはありません。
流れに身を任せていても、「ここまで」と決めたところで判断を覆します。
つまり、世の中の決まり事などに従いつつも、ある一線で「自分」というものを保持するための行動を起こす事を、あらかじめ予定している。

仕事なんかが良い例です。

仕事というのは決まり事の固まりみたいなもんです。
それに従わなければ、社会不適応になってしまいます。
だから、自分に課せられた「義務」については可能な限り務めます。
しかし、一旦その「義務」を果たした後には、自分が主張すべき「権利」に忠実に行動します。

そこの見極め、見切りが難しい。
でも、自分を見失わないように生きるためには、こういう取り組みは必須であるように思います。場合によっては、とんでもない変節と捉えられる事もありますが(=_=;)

「人の期待」に従い続ける生き方を、僕は好みません。
「自分の希望」が大切です。なかなかできませんが。

でも、「自分の希望」を成し遂げるには、ある程度「義務」を果たす必要があって、その「義務」を果たしたからこそ、「自分の希望」を主張する機会を得られるのです。

なんでこんな事を書いているのか?
それは、僕が今まさにそういう事を考えなければならない状況にあるからですね。
自覚的にならざるを得ない。と言っても、そんなに切羽詰まった状況ではないですが。

僕は、ずいぶん長い事「流されて」生きてきました。10年くらい。
それで失ったものも多いです。
だからこそ、今度はそうはならないぞ、と考えているのです。

人生、ある程度の勉強は必要です。だから、社会の中でそれなりの役割を果たす事は必要です。何より自分の能力を試す機会ですから。

でも、自分の能力を知ったなら、それを生かす事を考えるのは、これ、当然です。
「社会的」自分、「個人的」自分、パラレルに、つまり同時並行にこれを行なう。

さて、「個人的」自分。これを生かすためにはどうしたら良いのか?
今僕が考えているのはそういう事です。
つまり、「自分の希望」を叶える方法とは?

まだ答えは出ません...。
でも、少しずつ進んでいる手応えはあります。
あとは何が足りないのか?それは社会の中で手に入れるしかないですね。
で、再び社会の中に戻っていく。出たり入ったり。
自問、自答。

分かるかなあ、この感覚。