ユニークフェイス講演企画

Loading...

2011年2月7日月曜日

「見られる」立場から「見る」立場へ

ユニークフェイスな人なら必ず気になる「見つめられる視線」。

自分がどう見られているのか?どう思われているのか?
全く気にならない人というのはいないのではないでしょうか。

しかし、僕はある時点からひとつの事に気がつきました。
これは他の人も気づいている事かな?とは思うのですが。

人からどう見られているかというのはもちろん気になるところではありますが、こちらとしても、相手がどれほどの人間かを見ているのです。

その努力は、たぶん普通の人よりかなり強い。

人を観察して、相手がどのような人物であるか、人に会う度に考える自分がいます。
つまり、相手を値踏みしている。

あ、これはダメだ。と思えば近づきません。

また、その人が興味深い人物であるか、話し合う価値のない人物であるかも評価します。
この能力がないと、ユニークフェイスな人は生きづらい。
これが苦手だと、人間関係で失敗を繰り返しかねないので、こちらも必死です。

ユニークフェイスな人は、これを無意識的にやっている。普通の人より真剣にやっている。

それなら、それを意識化してしまえ。

意識して相手を観察し、自分なりに評価し、位置づけを決めてしまいましょう。
初めのうちは上手くいかない事も多いと思いますが、これは訓練です。
自分が生きやすい環境を作るための訓練。

完全に主観の世界なので、当たっているかどうかは分からないです。
また、自分にとっては有用な人であっても、他の人にとっては迷惑極まりないという事もあります。

また、現時点では好ましい人物であっても、時が経つにつれて良からぬ人物になっていくという事ももちろんあります。

でも、です。だからこそ、日頃から他人をよく観察し、いちいち再評価していく事が肝心ではないか?
その繰り返しの中に自分の人生はある。

面倒極まりない作業ではあります。最初のうちは、これが何の役に立つのか、と思う事もしばしばでしょう。

でも、これは生きていく上ではこの上ない「武器」となります。

仕事をしていても、付き合うべき人なのか、そうでないのかを選別する事ができます。
特に、人と関わる機会の多い仕事の場合、この能力が高いと非常に重宝します。

だから、

「見られる」立場から「見る」立場へ。

視点を転換してみませんか?

自分がどう見られるかは、自分ではどうする事もできません(好ましく見える工夫はする余地がたくさんあるけど)。

でも、自分が人をどう「見る」かは、自分次第。
何も人のあらを探せと言ってるのではありません。どんな人にだって、欠点はあります。
重要なのは、他人の中に自分にとって得である要素を見つける事です。
そして、その「得」になる部分にフォーカスを合わせて付き合えば良いのです。

逆に言えば、基本的には合わない人でも、仕事上では協力する事で自分にメリットがある、といった状況を見極める事もできるのです。

見られる事に意識を奪われないで、人を観察する生き方を選びましょう。
そうする事で見えてくる幸せがきっとあります。

かく言う僕も、それほどの「目利き」ではないんですが(=_=;)
でも、「目利き」でありたいとは思っています。
だって、その方が絶対楽しいし、楽できるし。

「見られる」受け身より「見る」積極性を!
発想を転換して、見える世界を一変させちゃいましょう!
与えられる人間関係ではなく、自ら選ぶ人間関係を構築しましょう!
後ろ向きな理由ではなく、前向きな理由で。