ユニークフェイス講演企画

Loading...

2011年2月28日月曜日

自分の経験を人に伝える

これまで、いろいろと思うところを書いてきましたが、自分の経験を人に伝えるのって、思った以上に難しいと感じています。

自分では「え?こんな事で良いの?」という事もあれば、「うーん。これでは伝わらないのか」という事もある。

とりあえず、取り留めなく書き綴って来たものを再点検。

僕は、自分を変える事で社会に適応して来たというのが実感。

周りを変えていこうという事はそんなに意識してこなかったんです。
でも、周りの人間に言わせると、結構押し付けがましく「自分ルール」で生きて来た人間であるらしいです。ハイ。

確かに、僕は日常的に会う人に対してはガードが高いです。
ガードを下げたらイカンと、無意識のうちに壁を作っています。
これからもそれは変えるつもりはないんです。
ガードを下げるのは、あくまでも駆け引きの手段のひとつで、そこでちょっと人間関係にアクセントを付ける事で軽くインパクトを与えるというのが常套手段。

その代わり、時々しか会わない人に対しては、かなりガードが低いです。
これも、僕の社会適応の手段のひとつですね。

社会で生きていると、いろいろな場面で妥協を求められます。
それにいちいち応えていたら、自分なんて存在はすっからかんの空っぽになってしまいます。

自分はあくまで自分らしく。妥協は最小限に。言いたい事はなるべく率直に言いたい。
変に馴れ合っていると、そういう事ってできなくなるからです。

だから、近しい人にほどガードは高く、容易に交わらないというのが僕のスタンス。

一方、たまにしか会わない人にそれをやってしまっては、縮まる距離も縮まらない。
そういうときは思いっきりガードを下げて、本音で話します。

それに、たまにしかコミュニケーションをとれない人からは、なるべく多くのものを吸収したい。だからノーガードで行きます。

話は戻って、自分の経験を人に伝えるというテーマですが、この場合僕のガードは下がります。思い切って自分をさらけ出す事でしか伝わらない事がある。

相手が何を聞きたいのか?自分は何を発信したいのか?準備が必要です。
僕が僕の言葉で表現できる事は限られています。
やはり、何か共通のキーワードをきっかけに話に入っていかなければなりません。

さて、どういう切り口でいけば良いのか?
広く、多くの人に理解してもらうには、それなりに共通言語を使う必要性があります。

多くの人に伝わる文脈。多くの人に理解できる語り。

こういうのは難しいです。でも、やってみる価値はあります。

今、ひとつのプロジェクトが進行中です。

僕の人生の中での経験を、普遍的な表現で人に伝える。そんな機会が訪れそうなんです。
でも、そのためには単に当事者としての一人称の語りでは上手く伝えきれない。

自己満足で終わってはいけない。多くの人に理解できる形で自分の経験を構造化し、客観的な視点からも価値ある情報として伝わらなければ成功とは言えない。

まだ時間があるので、いろいろと試行錯誤してみるつもり。

そして、他者からも共感を呼ぶような内容を提供できればと考えています。
でも、単に同情されるのが目的ではない。

僕はあくまで僕らしく、自分を表現する。しかし、同じように苦しんでいる人の事も伝えたい。

きちんと内容を整理して、まとまった形でお話しできればと考えています。
主観としての現実。客観としての情報の発信。
これを両立させる事。

社会に対して伝えなければならない事がある。そして、個人としてやって来た事がある。
この2つ。

まだ取り組みを始めたばかり。
さて、どこまで煮詰められるかな?