ユニークフェイス講演企画

Loading...

2011年12月31日土曜日

今年も一年お世話になりましたの振り返り

2011年も終わろうとしています。

当事者活動を始めて1年半くらいになったでしょうか?
はじめは軽い気持ちで、できる事をやっていこうとぼんやり考えて取り組み始めました。
今もそれは変わっていませんが。

始めてすぐに気づいたのは、自分自身は見た目の事について既に問題としては捉えていないという事でした。つまり、もう悩んでいない。

だから、いままさに悩みの真っ最中という方の気持ちに心から共感するという場所に自分はいないのだなあとつくづく思い知らされたんですね。

でも、この1年半の間にいろいろとイベントなどに参加させていただく中で、自分の過去の辛かった体験などをあらためて掘り起こす作業などをしてきました。

いまは、過去の辛かったという体験も、当時より客観的に見る事ができるようになったし、それが現在にどのようにつながっているのかも明確になりました。

一番強く思うのは、当時苦しんでいた体験も、いまでは自分自身の成長に必要不可欠であったという事です。

見た目に問題を抱えていようが、いまいが、社会に出て生きていくという過程の中では様々な試練というか、壁というか、そういうものに直面します。
何となく、そういったものを乗り越えて行く人もたくさんいると思います。

でも、見た目に普通でないという属性を持っていたがために、より自覚的に問題に取り組んでいく必要性に迫られたという側面はあったと思います。
それは、普通の人と比べたら大変だったのかなあと振り返っている次第。

それでも、それは悪い事じゃなかったなあというのがいまの僕の実感です。

何となく通過するのではなく、その都度「これはどうしてこうなっているのか?」「どうしたらこれを解決できるのか?」と考えながら生きる習性が身に付きました。

そんな中で手に入れた生きていく上で必要なスキルはたくさんあった。

だから、いまも苦しんでいる当事者の人は、現状に悲観的にならず、前向きに生きていって欲しいなあと心から思います。

こんな風に生きている当事者もいるんですよ、って。

僕は、いろいろな体験をしていく中で、自分自身の意見ははっきり主張していくというスタンスを手に入れました。
普通の人は逆にこういうスタンスは取りにくいみたいですね。

見た目に普通でないから目立ってしまう。
普通の意見を述べているだけでも、発言が不必要に強調されて、尾ひれがついて話が大きくなってしまう。そんな経験を何度も強いられた結果、どうせ話が誇張され(時にはねじ曲がって)て伝播していってしまうなら、思い切って本音を話してしまった方が清々する。

誰でも言いそうな意見が僕のものとして勝手に広がってしまうなら、僕しか言わないような事を堂々と主張して、それが広がっていく方が楽です。

どの辺で話が歪曲されていくのかも把握しやすいですし、それならば間違った情報の管理も楽です。間違って伝わったところにピンポイントで「そんな事言ってません。僕が言ったのはこう」って修正できるから。

誰が言ってもおかしくない内容は、それが誰の発言とされているのかが判然としなくなっているので、わざわざ修正していいものかどうか迷うんです。ただなんとなく僕が言ったような話になっている、というのは対処がしにくいです。

その点、持論を意識的に発信している場合、その発言には当然自分自身の責任というものがついて回っていますから、何かの弾みでクローズアップされた時に僕自身が前に出て行きやすい。

発言や行動に責任を持つというのは、当たり前のようでいて、実際には意外と社会ではないがしろにされている部分だったりします。
むしろ、発言に匿名性を持たせる事で集団の思想をコントロールするような動きをする人が多いですから。
「みんなこう言っている」なんて話のほとんどは、意図的にそういう方向にもっていきたい一部の人たちの「工作」だったりします。

その点、普段から自分の意見をはっきり言っていると、普通にスルーされる事も多いけれど、本当に同意してくれる人が現れ出すと本当にその意見が「みんなもそう思っている」に変わっていくので手応えがあります。

まあそんな、世間に対する駆け引きみたいな事を楽しむ事ができるのも、こんな見た目に生まれてきたおかげかと思えば、まんざら悪くもありません。
どうせ風当たりが強いのは同じ事ですし。

まあ、「面の皮が厚くなった」ということでしょうか?

「できること」をやらない選択肢はあるけど、「できないこと」だらけでは選択肢が限られちゃいますから、「できること」をいかに増やすかが生き易さの獲得には必要不可欠。

そんな事を考えながら生きている今日この頃。年末なので軽く振り返ってみました。

来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m