ユニークフェイス講演企画

Loading...

2012年2月20日月曜日

ちょっと思い出したので

書いておきます。

自分の子どもの頃の事って、意外と忘れちゃうもんなんですよね。
結構キツい思いもしていたはずなんですが、それでも忘れちゃう。

細かいエピソードなんかも、人に訊かれない限り思い出しませんねー。
ホント、みんな訊いて!訊いてくれないと思い出せない!

訊いてくれたらこのブログのネタも増えるんだけどなー。<他力本願

で、思い出した事ですが。

最近、知り合いの子ども(小学5年生)とよくカードゲームをするんですよ。
ポケモンとか、遊戯王とか(ちょー苦手)、デュエマとか(分かる人にしか分からんな)。

カードゲームって、結構バカにできません。
戦い方に性格が出る。

知り合いの子は、まあ強気な勝負をするんですよ。
自分が持っている、あるいはこれから来るはずであるカードの「最強の手」を「来る」モノとして待ってるんですよ。信じて待ってる。
まあ、本当に良い手が来る事もあるし、全然来ない事もある。
でも、「攻め」と「守り」が結構はっきりしているんですね。
中途半端な手を打たない。
打てないんじゃない。「打たない」んです。

たぶん、彼にとっては一回の勝負はそんなに大切じゃない。
どうでもいい訳ではない(だって本気で勝つ気でいるし)、あくまでも自分の望む形での「勝ち」を狙っていて、そのためには何回か負けてもいいと思ってる。
「でかい勝ち」を一回とれれば、それまでの「小さい負け」なんか気にならないんでしょう。

ああ、自分はそんな子じゃなかったなあ、と思ったのですよ。

今、手の内にあるカードの中で最良の手を考える。せいぜいちょっぴり良いカードが来るのを期待する程度の子どもでした。

何が違うのかなあ…。

と、ぼんやりと考えていました。
あ、そうか。

自信

か…。
自分自身の運に対する自信じゃない。自分の持っている(であろう)力に対する自信です。
それに懸ける気持ちが、たぶん子どもの頃の僕と彼では違う。

僕は、「最悪の場合」を考えて生きている子どもでした。
今でもたぶん、このスタンスはあまり変わっていない。
失敗した時の事を考えて、小さく小さく生きていました。

それに、
「この一回で負けたら、終わりかも知れない」
みたいな考え方をしていましたね。

つまり、チャンスは何度も来ないと思って生きていたんですよ。
子どもなんだから、何回負けてもいいはずなんですよ。それで人生決まったりしない。
でも、「何度戦えるのか分からない」という日頃からの人生の在り方が、幼い僕をこういう「小さい生き方」に縛り付けていたんでしょう。

こういう事って、結構ありません?
身に覚えありません?
今の自分がそうじゃないって、言い切れます?

僕は、未だにこういう考え方から逃れられない自分を自覚しています。

もちろん、世の中そんなに甘くはないし、実際チャンスは限られるとは思いますよ。
でも、大きな手を打つ勇気を持ち辛いというのは結構不利です。
いつも小さい手を打っていると、生き方が小さくなります。
でも実は、人生って結構やり直しがきいたりするんですよね。

そんなんで「小さい生き方」しかできない人生は嫌だな〜

と、今更ながらに思った今日この頃。

そう言やあ「ブラックジャック」とかやってても小さいベットを賭けてばかりだもんなあ。

勝負に出る

という行為が既に未知の領域だもん。
イカンイカン。そんな事ではイカンのです。
でも、分かっちゃいるけど簡単には変えられないのよ〜。

じゃ、勝負してみる?賭けてみる?

いやあ!その勇気はなかなか出ないわ!


生き方ってのはなかなか変えられないもんです…。

2012年2月6日月曜日

「ヒロコヴィッチの穴」反響?

ですが、一部の身内にはあんまりウケがよろしくないですねー。

曰く

軽い奴だと思われる

ええ、まあ、そういう側面はあるでしょうね。はい。否定はしません。

でもしかし、言わせていただくなら、当事者だって

軽くなれるんだ!

という事でしょうか?
別に、僕がいつも軽い訳ではない訳で…。
あれは僕の一側面でしかないのです。

まあ〜。
普段の僕はと言えば、慎重で、どちらかと言えばリスクを取らない生き方をしてますよ。
仕事なんかでは特にそういう側面が大きいですね。
やはり、責任とかありますし。
そうそう軽々とはやれません。
うん、仕事中なんかはむしろ、

「ネガティブだ」
「何で物事の良い面をもっと見ないのか」

と言われる事すらありますね。批判的にモノを見てしまう傾向があるらしく。
リスクの事を考えると、慎重にならざるを得ず、結果、モノを斜めに見てしまいがち。
自分では、安全率を考えてやってるつもりなんですけどねー。
そんなに楽天的にはなれないよん。人様を預かる仕事だもん。

でも、一方でいつも考えるのは、

「やるか、やらないか」

を、問われたならば、「やる」という決断をしたい。
といったところでしょうか?主にプライベートな場面で、が多いですが。

新しい事、やった事がない事を目の前に突きつけられた時、それを回避するのは簡単です。
「あー、それ、ヤバそうだなあ〜」
という時です。
それが単に自身にリスクを負わせるものならば、回避します。<この判断が早いらしいが
でも、それによって自分が何かを得られる可能性があるならば、そこは思いきって飛び込んでみる価値があると考えるんですよ。<これは熟考した場合らしい

見た目のせいで、もしかするとそういう機会は普通の人よりも少ないかも知れない。
今断ったら、次は無いかも知れない。
そういう危機感みたいなものが僕にはあります。
これは「チャンス」かも知れない、と。逆に考えるんですね。

そうは言っても、やはり普通に生活していると、そんな機会ってやっぱりそんなに無い訳で、となると尚更

「これはチャンスなのでは?!」

という思考が自分の中に芽生えまして。

まあ、そんなこんなで僕という人間は大いに揺らぎながら生きているのであります。
慎重で、石橋を叩いて渡る僕もいれば、
攻撃的で、拙速な僕もいる。
周りから見ると、摩訶不思議であったり、危なっかしかったり、かと思うと煮え切らない奴であったり…。の、ようですが。

全部ひっくるめて僕よ

というのが今回の僕の言いたい事なのであります。

2012年2月2日木曜日

「ヒロコヴィッチの穴」に出演してきた

という訳で、昨夜はスカイツリーのお膝元、押上にあるMFMS(マイフェイス・マイスタイル)さんにお邪魔してきました。

えーと。基本的には生放送で、視聴されている皆さんもtwitterで質問してくれたり、コメントをくれたりという形で進行していく番組ではありますが、録画も見られます。

http://www.ustream.tv/channel/mfms-official

ここで見る事が出来ます。vol.47が僕が出演した回になります。

出演する話自体は昨年末くらいからあったのですが、何を話すのかは全く決まっていませんでした。

内容について知らされたのは、実に放送前日という…。

しかも、振られたお題がまたもや「恋愛」www!

えー!マジで?ホントにそれでいく訳?
先週の「MFMS親年会」の時には全然教えてくれなかったくせに〜!

まあ仕方ありません。「頼まれたら簡単に断れない」のが僕の性分です。
せいぜい面白おかしくしゃべり倒してやろうじゃないか
と思って行ったですよ。

それに、

MFMS代表外川浩子44歳独身。現在彼氏募集中!

尚更面白おかしくやっちゃおうじゃねえか!
という事情もありますしねえ。

詳細は番組を(録画だけど)見ていただければと思います。
終わってから録画を自分で確認してみたけど、
まあ酷い日本語を話している事よ(落胆)

僕の日本語はかな〜りブロークンですね。
まあ、外川代表と、かすやんという、ある程度気心の知れた二人と話しているから尚更そうなんですが。

掛け合いとしては、なかなか面白かったと思う。
ただ、結構「極論」「断言」的表現が多いので、多少誤解を受ける点もあるかも知れません。その辺は平にご容赦を。

でもねえ、昨日のあのテンションを作るのには結構苦労したんですよ…。

知ってる人は知っているかも知れませんけど、実は僕、

先週事故っちゃいました〜!

細かい事はここには書きませんが、はっきり言ってもらい事故です。
僕の方には過失は無い!(断言)

事故に遭った事がショックなんじゃあありません。
だって僕はミスしてないから。

何がショックかってねえ!

クルマが全損

これまた知ってる人は知っている、僕のクルマ好き。
一部の人たちからは「手塚さんのエロいクルマ」で親しまれて(?)いたalfa147 TSがお亡くなりになったのでありました。
これが写真ね。壊れる前。

黒いボディに黒い革内装で、大人の雰囲気を演出してくれていた、大事な相棒が

全損

もうね、先週の水曜日に事故って、金曜日が「親年会」だったのですが、
その時点ではテンションダダ下がりでして…。

とはいえ、仕事は普通にやらなきゃいかんし(むち打ちなのに…)、ヒロコヴィッチの穴への出演は決まってるしで、
なんとか調子を戻さなきゃいかん状況だった訳です。

しかもド平日の夜で、当然仕事上がりに押上に向かったんですね。
翌日はあらかじめお休みをいただいていたんで良かったんですが、事故に遭うのは当然想定外でして。
仕事終わって、急いで整骨院で施術を受けて、実家から借り出したクルマで押上へ。

正直結構キツかった…。

この日のために、テンションを少しでも上げるために、事故の事後処理を可能な限り迅速に進めました。
相当急いだよ。

次のクルマは「親年会」の直前(ほんの1時間前)に車屋さんで「仮注文」

ちなみに再びalfa147(今度は後期型)色はポーラホワイトです。内装はベージュの革(ナチュラルレザー)。ブラックとホワイトのツートンの内装です。

さらにエロ度を上げてやったわ!
クルマ好きにしか分からんな、この文章。
興味が出た方は「alfa147」でググってみましょう。

月曜日には保険屋さんに「保険金請求」をFAX。
番組当日夕方には保険屋さんからの入金を確認。

まあなんとかテンションは上がったわ!

で、今日は早速車屋さんに入金したり、諸手続きを行なったり。
休み取っておいてラッキーだったー。

というドタバタを乗り越えながらの「ヒロコヴィッチの穴」だった訳だす。

うん。見てみて。話の内容は正直微妙だけど、盛り上がってたのは確かです。

まあ、こんな当事者もいるのね〜。
くらいのノリで見ていただける、ライトな仕上がりになっております。

悲壮感全くなし!