ユニークフェイス講演企画

Loading...

2012年7月22日日曜日

MFMSオープンミーティングに参加してきた

ちょー久しぶりの更新です。<毎度久しぶりだ

え?5ヶ月間何をしていたかって?
実はなーんにもしていなかった訳ではなかったんですよ。

駒澤大の学生さんがHLの本を出版したでしょ。「ヒューマンライブラリー事始め」 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%92%E6%BA%B6%E3%81%8B%E3%81%99%E2%80%95%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%BA%8B%E5%A7%8B%E3%82%81-%E9%A7%92%E6%BE%A4%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6%E7%A7%91%E5%9D%AA%E4%BA%95%E3%82%BC%E3%83%9F/dp/4822602982

なげーなURL。
コレの出版記念パーティーに行ってましたよ。
それと、

僕がちょこっと執筆協力した本、「多文化社会の偏見・差別」
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9A%E6%96%87%E5%8C%96%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%81%8F%E8%A6%8B%E3%83%BB%E5%B7%AE%E5%88%A5%E2%80%95%E5%BD%A2%E6%88%90%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A8%E4%BD%8E%E6%B8%9B%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E2%80%95-%E5%8A%A0%E8%B3%80%E7%BE%8E-%E5%B8%B8%E7%BE%8E%E4%BB%A3/dp/4750335819

どぅわ!コレもなげーな。
も、出版されましたし。

あとはー、何かあったっけな。
まあいいや。
とにかく元気にやっていたのは確かです。
ああ、仕事もそれなりに忙しい今日この頃です。本業ね。
夏に職場が企画しているイベントの準備がもう既に遅れ気味で進行中だし、夏休み前までに来年度予算の概算請求用の見積もり徴取だのと…。

いや、本当に忙しいんだってば!



そんな中で行って参りました。ええ。


MFMS主催「見た目問題」オープンミーティング in 東京


東京都港区芝大門にある「人権ライブラリー」さんで行なわれました。
「人権」なんて言うと堅苦しくて小難しいイメージがありますが、そこはそれ、MFMSさんですから、6人の当事者がパネリストとして(僕も参加)、MFMS代表外川浩子(45歳独身彼氏募集中)が進行という形で。雰囲気はあくまでライトに、中身はじんわり深く。

パネリストは以下の6名。

鼻まゆげさん(口唇口蓋裂) 
Saraさん(アクロメガリー) 
岡村信子さん(円形脱毛症) 
粕谷幸司さん(アルビノ) 
まりん ちゃん(眼瞼下垂症) 

手塚章太朗(単純性血管腫)<僕ココ


てな顔ぶれでした。
Saraさんとは初めてお会いしました〜。

症状の違う当事者6人が集まると、流石にいろいろなエピソードやそれぞれの想いというものが出てきて大変面白かったです。

僕に関しては恒例のMFMS流「手塚のいじり方」マニュアル通り「恋愛縛り」の振りが多かった感が否めませんでしたが、まあコレは既にサービストークの域に達して来た感がありますのでいいです。ここでは触れません。

とりあえず、「社会の中で、自分らしい生き方を楽しむためのヒント」というのがメインテーマだったようなので、そこについては一言だけ言わせていただきました。
それは…




自分の価値は自分で決める




という事。
社会で生きてると、会社だとか、友人知人、家族、その他諸々から「評価」されざるを得ないのが世の中ってモノです。
これは仕方がない。だってそれが社会っていうものだもの。


でもね、周りからいくら「100」を求められても「80」しか出せそうにないって事、あるじゃないですか。
僕はそんな時、「80は出したから自分的にはオッケー」と思う事にしています。


消極的な意味ではないですよ。逆に「100」しか求められていなくても「120」が出せる時には惜しげもなく出しちゃいます。


僕が言いたいのは、「周りの評価に振り回されていちいち落ち込まない方が良いよ」っていう事なんです。
周りの評価に落ち込んで、自己評価が低くなる。ありがちですね。
自己評価が下がると、他のいろいろな事までエネルギー低下が起こります。


「この部分は100まで出せたはずだが、落ち込んでるので70しか出ません(泣)」


みたいな事が起こっちゃうんです。
これって自分的には大損害につながりかねない非常事態です。


そいつは良くないなあ。
自分の力は最大限に発揮できるコンディションを整えたいなあ。
そんな思いから僕が辿り着いた答えです。


僕だってこれを実践できてるかと言われれば、完全にはできてないです。
でも、できるようになりたいと思ってます。
自分には、必要なスキルの一つであると思っているから。


だから、多少突然(ていうか途中の論理をすっ飛ばして)でしたが


自分の価値は自分で決める<ここ強調


と発言させていただいたのでした。
ホント大事よ。自己評価。自己肯定感の向上。


イベントではあんまり拾ってもらえなかったので、ここに書いとく!


以上報告でした。